安全データシートについて

安全データシート(SDS)とは?

SDSとは、安全データシート(Safety Data Sheet )の略語です。これは、化学物質および化学物質を含む混合物を譲渡または提供する際に、その化学物質の物理化学的性質や危険性・有害性及び取扱いに関する情報を化学物質等を譲渡または提供する相手方に提供するための文書です。 SDSに記載する情報には、化学製品中に含まれる化学物質の名称や物理化学的性質のほか、危険性、有害性、ばく露した際の応急措置、取扱方法、保管方法、廃棄方法などが記載されます。

出典:厚生労働省「安全衛生キーワード」

SDS制度とは?

SDS制度とは、「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」に基づき、対象化学物質(含有する製品)を業者間にて取り引きする際にその性状及び取り扱いに関する情報(SDS)の提供を義務づけるものです。これにより、SDSを受け取る事業者は適切な化学物資の管理を行う為に必要な情報を得る事ができます。